キューティクルニッパー 使い方

甘皮の処理技術?

    画像

    甘皮の処理技術が未熟だと、ネイルケアが上手にできませんよね。処理の仕方を丁寧にせずに、ステンレス製のヘラでデリケートな肌を痛めてしまうと目もあてられません。爪と指は上部そうで実はかなりデリケートな関係なのです。また皮膚を痛めてしまうとかさぶたや出血の原因になりかねません。甘夏処理は簡単そうにみえてけっこうコツが必要になってきます。

甘夏処理の仕方

    画像

    甘夏処理の仕方はキューティクルリムーバージェルなどでササッと指に塗りつけます。処理する部分の指につけたらきれいに洗浄します。洗浄する際はぬるま湯もしくは皮膚が浮くような状態の温度で洗いましょう。垢すりと同じ原理で甘夏をはぎやすくするコツにもなります。甘夏をはぎやすくしたあとにニッパーでカットしていきます。カットの角度が気になります。自分でする場合は丁度や具合がわかり、コツがつかめやすいです。ただ人にする場合は、指先は痛さが敏感なのでその頃合を計って、手前で処理する感覚を掴んでいきましょう。人の手の厚みやサイズなども異なってくるので、ニッパーとの角度は微調整していきましょう。カット後は衛生的に消毒します。アイテムを使ったあとはキューティクルオイルで肌ケアしたら完成になります。処理の仕方ではニッパーの扱い方や準備がとても大切になってきますね。


いいキューティクルニッパー使っていますか?

    画像

    キューティクルニッパー使い方は経験が第一です。ただアイテム次第でもあります。ネイルケアやネイルアートのこだわりによっていいキューティクルニッパーを使うかどうか、仕上がり具合にもネイルの繊細さが宿ってきますね。特にキューテイクルニッパーを使いこなしているだけで、オシャレなひとにみられちゃうと嬉しいですよね。また爪のお手入れが上手だと、仲間もからもネイルで一目置かれちゃう感覚がたまりません。そして爪がきれいにお手入れできると、リングやバングルのアレンジで、ハイグレードで高貴な雰囲気が、楽しめちゃうのも醍醐味ですね。ネイルケアは、専用の器具で整えると、見栄えやグレードもキラリラリンとステキですよね。キューティクルニッパーは、デリケートな爪仕様に施していき、品質重視のため在庫がない場合もございます。キューティクルニッパーはお早めにお揃えください。魅力的な爪を1日でも早く実現しましょう!


News